2018-07-13

100th Death Anniversary of Herrmann Scholtz

Herrmann Scholtz (Poland/Germany, 1845 - 1918) - Andante amoroso. Andante con espressione (A major)

今日はドイツの作曲家・ピアノ奏者、ヘルマン・ショルツ没後100年の命日です。今回はショルツ作曲「アンダンテ・アモローゾ イ長調」を弾きました。

プロイセン王国シュレージエン州ブレスラウ (現在のポーランド領ヴロツワフ) に生まれたヘルマン・ショルツは、同地でモーリツ・ブロージヒ (Moritz Brosig, 1815 - 1887) に和声を、1865年から1867年にかけてライプツィヒの音楽院 (Conservatorium der Musik) でルイ・プライディ (Louis Plaidy, 1810 - 1874) にピアノを、カール・リーデル (Carl Riedel, 1827 - 1888) に対位法を、ハインリヒ・シュルツ=ボイテン (Heinrich Schulz-Beuthen, 1838 - 1915) に管弦楽法を、それからミュンヘンの王立バイエルン音楽学校 (Königliche bayerische Musikschule) でハンス・フォン・ビューロー (Hans von Bülow, 1830 - 1894) にピアノを、ヨーゼフ・ガブリエル・ラインベルガー (Josef Gabriel Rheinberger, 1839 - 1901) に対位法を師事しました。卒業後は母校の王立バイエルン音楽学校などで教師としても活動しました。

出典: Theodore Baker and Alfred Remy, ed (1919). “Scholtz, Hermann”. Baker's Biographical Dictionary of Musicians (3rd ed.). pp. 837-838.

2018-06-21

50th Death Anniversary of Opol Ygouw

Opol Ygouw (Léopold Gouvy, Germany/France, 1871-1968) - Tableaux du Caucase; III. Lamento (avec voix de baryton ad libitum). Lento

今日はドイツ・ロートリンゲン出身の作曲家オポル・イグヴ没後50年の命日です。今回はイグヴ作曲「カフカースの絵」(全4曲) より第3曲「ラメント (任意のバリトン声部を伴う)」を弾きました。

オポル・イグヴは、普仏戦争後のフランクフルト講和条約でドイツ領となった直後のロートリンゲン郡オーバーホンブルク Oberhomburg (現在のモゼル県オンブール・オー Hombourg-Haut) で生まれました。父は鉄鋼業者をしていたアレクサンドル・グヴィ (Alexandre Gouvy) です。本名はレオポルド・グヴィですが、そのアナグラムによるオポル・イグヴ (Opol Ygouw または Opol Ygouv) という筆名を使用しました。

著名な作曲家テオドール・グヴィ (Louis Théodore Gouvy, 1819 - 1898) は父アレクサンドルの弟であり、オポル・イグヴの叔父にあたります。テオドールは1868年以降、オンブール・オーのアレクサンドルの邸宅を拠点に活動しています。

2018-06-17

200th Birth Anniversary of Charles Gounod

Charles Gounod (France, 1818 - 1893) - Invocation. Adagio molto in A major (Transcription of the "Offertoire" from the Messe solennelle de Sainte-Cécile)

今日はフランスの作曲家シャルル・グノー生誕200年の誕生日です。今回はグノー作曲「祈り 変イ長調」を弾きました。自作の「聖セシリアの荘厳ミサ曲」(1855) より「奉献唱 (オッフェルトリウム) 」を鍵盤楽器のために編曲したものの一つで、楽譜の表紙によるとほかにピアノ4手編とオルガン編があるようです。