2019-07-10

100th Death Anniversary of Hugo Riemann

Hugo Riemann (Germany, 1849 - 1919) - Valse et Valsette, Op. 25 (Köln: P. J. Tonger, 1877); No. 2. Valsette. Sehr zart und flüchtig (C major)

今日はドイツの作曲家・音楽理論家、フーゴ・リーマン没後100年の命日です。今回はリーマン作曲「円舞曲と小円舞曲 Op. 25」より第2曲「小円舞曲 ハ長調」を弾きました。楽譜は1882年に出版された「新音楽新聞 Neue Musik Zeitung 」に掲載されているものを用いました。

ドイツ連邦シュヴァルツブルク=ゾンダースハウゼン侯国のグロスメールラ (Großmehlra)に生まれたフーゴ・リーマンは、 ゾンダースハウゼン (Sondershausen) でハインリヒ・フランケンベルガー (Heinrich Frankenberger, 1824 - 1885) に理論を、アウグスト・バルテル (August Barthel) とテオドール・ラッツェンベルガー (Theodor Ratzenberger, 1840 - 1879) にピアノを師事しました。ラッツェンベルガーはピアノをフランツ・リストに師事しているので、リーマンはピアノ奏者としてはリストの孫弟子ということになります。

1865年から1868年までベルリンとテュービンゲンで法学、哲学、史学を学んでいましたが、普仏戦争 (1870-1871) に出征。その後はライプツィヒ音楽院 (Conservatorium der Musik, 現在のフェリックス・メンデルスゾーン・バルトルディ音楽演劇大学ライプツィヒ) に入学し、1873年にゲッティンゲン大学で博士となりました。

ビーレフェルト (1878年まで)、ブロムベルク (1880-1881)、ハンブルク音楽院 (Hamburger Konservatorium, 1890年まで)、ゾンダースハウゼン音楽院 (Konservatorium der Musik in Sondershausen, 短期)、ヴィースバーデン音楽院 (Wiesbadener Konservatorium, 1895年まで) を経てライプツィヒ大学の教員となりました。1901年に員外教授、1905年に正教授、1914年に新設された音楽学研究所 (Forschungsinstitut für Musikwissenschaft) 所長に就任します。

出典:



2019-06-30

Zygmunt Stojowski - Zwielicht, Op. 29 No. 3

Zygmunt Stojowski (Poland/USA, 1870 - 1946) - Aus Sturm und Stille. 6 Klavierstücke, Op. 29 (Leipzig: Edition Peters, 1907); No. 3. Zwielicht ; Crépuscule ; Twilight. Moderato (C minor, dedicated to Miss Ethel Parrish)

ポーランド出身の作曲家・ピアノ奏者、ジグムント・ストヨフスキ作曲「嵐と静けさより、6つのピアノ小品 Op. 29」より第3曲「薄明 ハ短調」を弾きました。「バラード」「飛翔」「薄明」「奇想曲」「セレナード」「即興円舞曲」からなる曲集です。生誕150年の記念として演奏したものですが、 culture.pl では生年月日について

"born most probably on 27 March 1870 (OS) [8 April 1870 (NS) - some sources quote also 2 and 14 May, and the following years: 1863, 1869, 1871 and 1876]"
とあり、諸説あるものの1870年4月8日 (ユリウス暦同年3月27日) 説を有力としています。

ロシア帝国領ポーランドのキェルツェ近郊のスチェルツェ (Strzelce) に生まれたジグムント・ストヨフスキは、母にピアノの手ほどきを受けたのちにクラクフヴワディスワフ・ジェレンスキ (Władysław Żeleński, 1837 - 1921) にピアノと作曲を師事しました。ギムナジウムを卒業すると渡仏し、パリ音楽院でルイ・ディエメール (Louis Diémer, 1843 - 1919) のクラスでピアノを学び、テオドール・デュボワ (Théodore Dubois, 1837 - 1924) に和声を、レオ・ドリーブ (Léo Delibes, 1836 - 1891) に作曲を師事しました。1891年にはイグナツィ・ヤン・パデレフスキ (Ignacy Jan Paderewski, 1860 - 1941) にも師事しています。音楽院卒業後は欧州各地を演奏旅行しました。

1905年10月には米国に移住し、ニューヨークの音楽芸術研究所 (Institute of Musical Art in New York, ジュリアード音楽院の前身校の一つ)、次いでフォン・エンデ音楽学校 (Von Ende School of Music) の教員となりました。

出典: Zygmunt Stojowski (Sigismond Stojowski) - Biography | Artist | Culture.pl

2019-06-27

200th Birth Anniversary of Albert Loeschhorn

Albert Loeschhorn (Germany, 1819 - 1905) - 4 Morceaux élégants, Op. 109; No. 1. Chant de printemps [Frühlingslied ; Spring Song]. Allegretto (G major)

今日はドイツの作曲家・ピアノ奏者、アルベルト・レシュホルン生誕200年の誕生日です。今回はレシュホルン作曲「4つの優雅な小品 Op. 109」より第1曲「春の歌 ト長調」を弾きました。楽譜は Loeschhorn-Album. Auswahl beliebter Clavierstücke von A. Loeschhorn (Braunschweig: Henry Litolff's Verlag, 1885) を用いました。

ベルリンに生まれたアルベルト・レシュホルンは、1837年にルートヴィヒ・ベルガー (Ludwig Berger, 1777 - 1839) に学び、 1839年にベルガーが亡くなるとベルリンの王立教会音楽大学 (Königlichen Institut für Kirchenmusik) でエドゥアルト・グレル (Eduard Grell, 1800 - 1886) とアウグスト・ヴィルヘルム・バッハ (August Wilhelm Bach, 1796 - 1869) に和声と作曲を、ルドルフ・キリチギー (Rudolph Killitschgy, ca. 1797 - 1851) にピアノを師事しました。1851年にキリチギーが亡くなると、彼の後任として教会音楽大学のピアノ教師となり、1858年には教授に就任しました。

出典: