2017-07-16

100th Death Anniversary of Philipp Scharwenka

Ludwig Philipp Scharwenka (Germany, 1847 - 1917) - Für die Jugend, 6 kleine Stücke für das Pianoforte, Op. 71; No. 4. Lento espressivo, C-Dur

今日はポズナン大公国出身のドイツの作曲家フィーリプ・シャルヴェンカ没後100年の命日です。今回はフィーリプ・シャルヴェンカ作曲「若者のために、6つのピアノ小品 Op. 71」より第4曲 ハ長調 を弾きました。

プロイセンの支配下にあったポズナン大公国のザムター (Samter, ポーランド語ではシャモトゥウィ Szamotuły) に生まれたフィーリプ・シャルヴェンカは、1865年に弟のフランツ・クサーヴァー・シャルヴェンカ (Franz Xaver Scharwenka, 1850 - 1924) とともにベルリンの新音楽アカデミーでリヒャルト・ヴュルスト (Richard Wüerst, 1824 - 1881) に音楽理論を学びました。同時期にハインリヒ・ドルン (Heinrich Dorn, 1804 - 1892) にも師事しています。1870年に同校で音楽理論と作曲の教師となり、1880年にヴァイオリン奏者・作曲家のマリアンネ・シュトレーゾー (Marianne Scharwenka-Stresow, 1856 - 1918) と結婚しました。マリアンネとの間に生まれた子、ヴァルター・ゲルハルト・シャルヴェンカ (Walter Gerhard Scharwenka, 1881 - 1960) は作曲家・オルガン奏者になっています。

1881年には弟クサーヴァーとともにシャルヴェンカ音楽院 (Scharwenka-Konservatorium) を設立しました。1891年に弟とともに渡米しましたが、翌1892年には弟を残して帰国しました。音楽院は1893年にクリントヴォルト音楽学校と合併してクリントヴォルト・シャルヴェンカ音楽院 (Klindworth-Scharwenka-Konservatorium) となり、フィーリプは米国在住の弟の代わりに同校の理事に就任しました。

2017-06-27

100th Death Anniversary of Blas Maria Colomer

Blas Maria Colomer (Spain, 1833/1840 - 1917) -
Petites inventions canoniques, faciles et progressives à 2 parties, en deux cahiers: 1er Livre. No. 46. Modéré (D minor)

Sonatine burlesque sur des airs populaires français (G major)

24 Préludes mélodiques dans tous les tons majeurs et mineurs; No. 24. Aria. Lento (D minor)

今日はスペイン・バレンシア出身のフランスの作曲家・ピアノ奏者、ブラス・マリア・コロメル (ブライ・マリア・コロメ) 没後100年の命日です。今回はコロメル作曲「カノン風で易しく段階的な2声の小インヴェンション集」の50曲からなる第1巻より第46曲 ニ短調を弾きました。

以前にコロメル作曲の「フランスの愛唱歌によるおどけたソナティネ」と「24の旋律的前奏曲より第24曲『アリア ニ短調』」を弾いていたので、ここで併せて紹介します。

「おどけたソナティネ」は、当時よく知られていた民謡や童謡の旋律をふんだんに使った3楽章構成の小さなソナタです。使用されている曲は、第1楽章で Ah! vous dirai-je, maman (ああ、お母さん聞いて = きらきら星) / Dansez, dansez / Au clair de la lune (月の光に) / Nous n'irons plus au bois (もう森へは行かない) ; 第2楽章で Conservez bien la paix du cœur / Monsieur et Madame Denis de Jacques Offenbach (ジャック・オッフェンバックの「ドニ夫妻」) ; 第3楽章で Compère Guilleri (相棒ギエリ) / Ah! le bel oiseau, maman / Marlbrough s'en va-t-en guerre (マールボロは戦場に行った) / Sur le pont d'Avignon (アヴィニョンの橋の上で) / J'ai du bon tabac (いいタバコを持っている) です。

2017-05-13

Vladimir Artynov - Élégie, Op. 3 No. 4 'Le jour'

Vladimir Yevgenyevich Artynov - 4 Élégies, Op. 3; No. 4. Le jour. Moderato (F minor)

ヴラディーミル・エフゲーニエヴィチ・アルティーノフ作曲「4つの悲歌 Op. 3」より第4番「昼 ヘ短調」を弾きました。ユルゲンソンのプレート番号 (37465-37468) からすると、1914年頃に出版された楽譜のようです。

モスクワのロシア国立図書館には、独唱とピアノのための2つの歌曲集 (中声のための3つのロマンス Op. 1, 4つの詩 Op. 2) が所蔵されています。 この悲歌集は Op. 3 ですから、作品番号の付いた彼のピアノ曲としては最初に出版された曲集ということになるでしょう。

この曲集の各曲にはそれぞれ一日のうちの時間帯を示す言葉が副題として付けられていて、「夕べ Вечер ; Le soir」「夜 Ночь ; Le nuit」「朝 Утро ; La matin」「昼 День ; Le jour」と順に並んでいます。また、各曲はそれぞれセルゲイ・タネーエフ (Sergey Taneyev, 1856 - 1915)、ニコライ・ジリャーエフ (Nikolay Zhilyayev, 1881 - 1938)、アレクサンドル・グレチャニノフ (Aleksandr Grechaninov, 1864 - 1956)、コンスタンチン・イグームノフ (Konstantin Igumnov, 1873 - 1948) に献呈されています。タネーエフとそのモスクワ音楽院での教え子たちですね。

題辞として各曲に副題にちなんだ詩が楽譜に書かれていました。第4番「昼」のものは以下に示すとおりです。

Ярко светит солнце. Всюду жизнь и все цветет...
Но я один... Душа тоскует. Эта окружающая радость Дня только усиливает мою грусть... Я не верю Солнцу...
Мне грустно... Я один...

ヴラディーミル・アルティーノフの経歴については断片的な情報しか見つかりませんでした。1907年から1908年までセルゲイ・タネーエフから対位法の個人レッスンを受けていたこと (Сергей Иванович Танеев - Sergey Ivanovich Taneyev) からすると、4人の被献呈者は彼の師と兄弟子たちということになります。また、1913年にモスクワで作曲の教師をしていて、音楽学者ゲオルギー・ポリャノーフスキー (Georgy Polyanovsky, 1894 - 1983) を指導していた (Марина Раку "Музыкальная классика в мифотворчестве советской эпохи", p. 461) とありました。