2015-12-29

200th Birth Anniversary of Robert Volkmann

Robert Volkmann (Germany, 1815 - 1883) - Buch der Lieder für das Pianoforte, Op. 17; Heft 2 Nr. 3. Andante religioso (F-Dur)

ドイツの作曲家ローベルト・フォルクマン生誕200年ということで、フォルクマン作曲「ピアノのための歌の本 Op. 17」より第6曲 (第2巻第3曲) 「アンダンテ・レリジョーゾ ヘ長調」を弾きました。

ローベルト・フォルクマンはカントルである父にオルガンとピアノを、フリーベル (Friebel) にヴァイオリンとチェロを師事。進学したギムナジウムがあったフライベルクでアウグスト・フェルディナント・アナカー (August Ferdinand Anacker, 1790 - 1854) に、次いでライプツィヒでカール・フェルディナント・ベッカー (Carl Ferdinand Becker, 1804 - 1877) に作曲を師事しました。

3巻からなるピアノ曲集「歌の本」はハインリヒ・ハイネの同名の詩集 Buch der Lieder から題名を取ったもののようです。ピアノ独奏のための歌ということで、無言歌集に類するものと考えて良いでしょうか。第1巻と第2巻は1854年に、第3巻は1860年にそれぞれ出版されていて、チェコ出身の作曲家・ピアノ奏者であるヨーゼフ・フィシュホフ (Joseph Fischhof, 1804 – 1857) に献呈されています。

2015-12-28

200th Birth Anniversary of Fredrikke Egeberg

Fredrikke Egeberg (Norway, 1815 - 1861) - 6 Sange uden Ord for Pianoforte (6 Songs without Words for Piano); No. 1. Adagio cantabile (F minor)

ノルウェーの作曲家・ピアノ奏者、フレドリッケ・エーゲバルグ (フレゼレゲ・イーイベア) 生誕200年ということで、エーゲバルグ作曲「ピアノのための6つの無言歌」より第1番ヘ短調を弾きました。

フレドリッケ・エーゲバルグはデンマーク=ノルウェーのクリスティアーニア (現在のオスロ) にデーマーク人の材木商ヴェスティエ・エーゲバルグ (ヴェステュー・イーイベア ; Westye Egeberg) の9人いた子のうちの末の一人娘として生まれました。姓はシェラン島の都市イーイビェア (Egebjerg) に由来します。外科医であった兄のクリスティアン・アウグスト (Christian August Egeberg, 1809 - 1874) はチェロをたしなみ、その娘 (フレドリッケの姪) であるアンナ (Anna Egeberg, b. 1843) とフレドリッケ・リンブー (Fredrikke Lindboe, née Egeberg) は作曲家になりました。家族ぐるみの友人であったオーレ・ブル (Ole Bull, 1810 - 1880) とは、私的に室内楽の演奏を楽しむ仲だったようです。

出典: Fredrikke Egeberg | Norsk biografisk leksikon