2016-12-31

100th Death Anniversary of Ernst Rudorff

Ernst Rudorff (Germany, 1840 - 1916) - 8 Fantasiestücke, Op. 10; No. 7. Andantino con moto (G major)

今日はドイツの作曲家エルンスト・ルドルフ没後100年の命日です。今回はルドルフ作曲「8つの幻想的小品 Op. 10」より第7曲 ト長調を弾きました。

2016-12-24

Louise Farrenc - Etude, Op. 42 No. 19

Louise Farrenc (1804 - 1875) - 20 Études de genre et de mécanisme (20 Études de moyenne difficulté), Op. 42 (Dedicated to Mademoiselle Marie Colin). No. 19. Adagio religioso, molto legato (F sharp major)

フランスの作曲家・ピアノ奏者、ルイーズ・ファランク作曲「ジャンルとメカニスムの20の練習曲 (中級の難度の20の練習曲) Op. 42」より「第19番 嬰ヘ長調」を弾きました。

この練習曲集はファランクの6段階の教本からなる「ピアニストの学校 L'école pianiste」のうちの2冊目にあたります。第19番はレガートの練習曲で、コラール風に書かれています。

2016-12-16

Russian composer, Pyotr Abramovich Khvoshchinsky

Pyotr Abramovich Khvoshchinsky (P. Khvostchinsky ; Пётр Абрамович Хвощинский, Russia, 1882 - 1920) -
3 Morceaux pour piano, Op. 8 (Moscow: P. Jurgenson, 1910); No. 3. Mazurka, e-Moll

6 Morceaux pour piano, Op. 10 (Moscow: P. Jurgenson, 1911); No. 5. Prélude, cis-Moll

2 Préludes pour piano, Op. 13 (Moscow: P. Jurgenson, 1912); No. 2. Prélude, C-Dur

ロシアの作曲家・軍人、ピョートル・アブラーモヴィチ・フヴォシチーンスキーのピアノ小品から「マズルカ ホ短調 Op. 8 No. 3」、「前奏曲 嬰ハ短調 Op. 10 No. 5」、「前奏曲 ハ長調 Op. 13 No. 2」を弾きました。

Энциклопедия Традиция (traditio.wiki) によると、サンクトペテルブルクに生まれたフヴォシチーンスキーは、1902年よりペテルブルク音楽院でニコライ・ソコローフ (Nikolay Sokolov, 1859 - 1922) に、1905年よりニコライ・チェレプニーン (Nikolay Tchelepnin, 1873 - 1945) に、1908年にニコライ・リムスキー=コルサコフ (Nikolay Rimsky-Korsakov, 1844 - 1908) に、その後アナトーリー・リャードフ (Anatoly Lyadov, 1855 - 1914) などに師事。軍人としては第一次世界大戦中に陸軍中佐 (Подполковник) に昇進したものの、ロシア内戦の最中の1919年にモスクワのブティールカ監獄に収容され、獄中で病死したということです。

ペテルブルク音楽院在学中に同院の学生だった音楽家というと、レオニード・クロイツァー (Leonid Kreutzer, 1883 - 1953)、アルトゥール・レンバ (Artur Lemba, 1885 - 1963)、エフレム・ジンバリスト (Efrem Zimbalist, 1889 - 1985)、ボリス・アサフィエフ (Boris Asafyev, 1884 - 1949)、セルゲイ・プロコフィエフ (Sergey Prokofiev, 1891 - 1953)、ニコライ・ミャスコフスキー (Nikolay Myaskovsky, 1881 - 1950)、マクシミリアン・シテインベルク (Maksimilian Steinberg, 1883 - 1946) などがいます。これらの音楽家の中にフヴォシチーンスキーと交友のあった人物がいるかもしれません。また作品の被献呈者を見ると、「小さなワルツ ト長調 Op. 10 No.4」がピアノ奏者のレオカディヤ・カシペロヴァ (Leokadiya Kashperova, 1872 - 1940) に献呈されています。

2016-12-03

150th Death Anniversary of Johann Wenzel Kalliwoda

Jan Václav Kalivoda (Johann Wenzel Kalliwoda, Czech, 1801 - 1866) - Sonate pour le pianoforte (E flat major), Op. 176; II. Allegretto (A flat major)

今日はチェコ出身の作曲家・ヴァイオリン奏者、ヤン・ヴァーツラフ・カリヴォダ (ヨハン・ヴェンツェル・カリヴォダ) 没後150年の命日です。今回はカリヴォダ作曲「ピアノソナタ 変ホ長調 Op. 176」より第2楽章を弾きました。

カリヴォダといえば「オーボエとピアノのためのサロン用小品 Op. 288」がよく演奏されますね。室内楽もたくさんありますが、ピアノ曲ではワルツ、ギャロップ、ポルカ、コントルダンスといった舞曲を主に書いています。